DPt・HGSS乱数調整について(徘徊ポケモン編)

遅れましたが簡単に解説。

・徘徊ポケモンってなに?
簡単に言うと『出会った後マップ上を動き回り、戦闘に入ってもすぐ逃げてしまうポケモン』のこと。
具体的には以下のポケモンを指す。

DPt:エムリット、クレセリア
HGSS:ライコウ、エンテイ、ラティアス(HG)orラティオス(SS) ※スイクンは固定エンカウント
BW:トルネロス、ボルトロス ※ランドロスは固定エンカウント

今回はPtでエムリットの乱数調整をしてみたので紹介する。残りは他サイトの方で…

下準備として、徘徊ポケモンが誰もいない状態にする。
Ptの場合は倒しても殿堂入りすれば復活するのでご安心を。

1:初期seedを検索する

PHSで調べます。今回はめざ炎70個体を狙うことに。
徘徊系はシンクロが効かないので注意!!

redhaikai.png

2つヒットしたが、今回は消費数が少ない上のseedを使うことにする。詳細↓

性格:ひかえめ
性格値:66c35c56
個体値:31-31-30-30-31-30
特性:1
めざパ:炎70
初期seed:95090323
seed消費数:151
起動時間:2012年5月25日9時(分+秒=24)
フレーム:791(=13.18秒)


これを踏まえて以下のように時間を設定した。

ゲーム選択時間:5月25日9時23分42.22秒
待機時間:13.18+4.60(自分の待機時間)=17.78秒
「つづきからはじめる」選択時間:5月25日9時24分0秒


時間設定が終わったら、乱数をするポケモンの前に行く。今回もなつき消費を使うので手持ちを5体に。
ポケッチの『ほすうカウンター』を0にし、『コイントス』にしてレポート。

追記に続く。





2:初期seedの確認

時間通りに起動したら、まずは黄色パネルで初期seedが一致しているか調べる。

yellowhaikai.png

このコイントスの順番になるまで根気よく続けよう。無事に一致したら乱数を消費していく。
今回は『151』なので、ノート73回(合計消費146)+なつき判定1回(消費5)で消費する。

終わったらポケモンに話しかけて徘徊させる。


3:実際に捕まえてみる

徘徊ポケモンはすぐ逃げてしまうので、余裕があればマスターボールの用意を。
出てきたらすぐにゲットして個体値を確認。合っていれば無事成功!


2012053113190001.jpg

↑現在はBWに送っていますが一応。


次回は要望があった6vメタモンを狙ってみようの回。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maki

Author:maki
・みずタイプ大好き人間
・ポケモンはひらがな1択
・クレッフィちゃんかわいい
・マリカも大好き
・スマブラはカービィメイン

フレンドコード
X・αS:1075-0934-0699
Y・ΩR:1821-9837-6051

最新記事
最新コメント
カテゴリ
BW (3)
BW2 (5)
XY (40)
SM (21)
FR (1)
月別アーカイブ
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Twitterしてるよ