スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DPt・HGSS乱数調整について(固定シンボル編)

ってことで以前ちらっと書いた『パールでギラティナの乱数調整』を記事にしてみる。
他の固定シンボルにも基本的に通用する……と思う(


1:準備するもの

・初代DSまたはDSLite
例によってDSLiteを使用。
・乱数調整ツール
このブログではPHSを使用します。
・タイマー
自分が使い慣れてるものでOK。自分はポケモンの館様の『エメタイマー』を使ってます。
・ぼうけんノートに『○○をつかまえた!』or『○○をたおした!』を表示させる 
前者の方が出やすい?
・ポケッチアプリの『コイントス』を入手する
ロッククライム使用可能後、リッシこのほとりにある民家で入手できます。
・徘徊ポケモンがいる場合は倒すかゲットする
Ptでは倒しても殿堂入りすれば復活しますが、DPでは復活しないので注意!
・各自必要なポケモン
捕獲用・シンクロなど。

あと今回はギラティナなので、殿堂入りしてもどりのどうくつに行く必要があります。
必ず必要なのは『なみのり』『ロッククライム』を覚えたポケモンです。
洞窟を進みやすくするために『きりばらい』『いわくだき』を覚えたポケモンがいると安心。


2:ギラティナのところへ行く

まずこれがないと(
もどりのどうくつは同じような部屋がいくつも続いている。
『通った部屋が30を超える前に柱のある部屋を3つ訪れる』と、次がギラティナのいる部屋になる。
ただし注意点がいくつか↓

・部屋の並びは訪れるたびに変わる
・入ってきた入口に戻ると最初の部屋に戻る
・途中でレポートを書いても最初の部屋に戻される

通った部屋の数と柱の数は、柱の部屋にある台座で確認できる。
例えば上に『1』、下に『4』を書いてある場合、『1本目の柱』で『4部屋目』となる。

これを繰り返してギラティナの部屋に入ったら、レポートしても戻される心配はない。
とりあえずそいつの前に行き、ポケッチアプリをコイントスにする。
今回はなつき判定の消費も使う(なので手持ち5体)ので、同じくアプリの『ほすうカウンター』を『0』にしてレポート。これで準備完了!

※日付が違う場合は先に乱数調整をする日付にして起動→レポートすると便利(開始時にぼうけんノートの表示を防ぐ)


3:初期seedを特定する

ここまできたらPHSで初期seedを特定していく。
赤パネルで「伝説(シンクロ可)」「性格」「パール」にチェックをする。今回はおだやか狙いで↓

red(525).png


運よく1個体がヒット。ちなみに日付はこだわる人だけでおk。
もし結果が出なかったらフレームを増やすなりで対応を(自分も2000Fまで増やしました)。
ちょっと抜き出してみましょう。

・1匹目
性格 = おだやか
性格値:e9375a48
個体値:31-31-31-31-31-31
特性:1
めざパ:悪70
初期seed:da000584
seed消費数:115~279
分+秒:93
時:0
フレーム:1400



日付設定すればフレームもすぐ表示されますね。
ではここで日付設定しない人向けのフレーム計算について。
表示は「フレーム+年-2000:○○(2000年設定時のフレーム数)」になる。
例えば「フレーム+年-2000:862」だったとする。ちょっと以下の式に置き換えてみると↓

A+年-2000=862

つまり2000年以外に設定する場合は「A」がフレームとなる。今年(2012年設定)の場合は…

A+2012-2000=862
A+12=862
A=850

このように求めるとラクになる…と思うwちなみに850F=14.16秒。
今回の1400Fは23.33秒です。


4:時間設定をする

では時間を設定していこう。今回は日付指定までしてあるので5月25日に起動。
分+秒は『93』になればいいわけだから、『40+53』とか『53+40』みたいでOK。
今回は『53分+40秒』に設定。時刻は『時:0』のところを見て『0時』。
つまりこうなる↓

「つづきからはじめる」を選択する時間:5月25日0時53分40秒

ではゲームを選択する時間を決めてみよう。
待機時間はフレーム+空白時間となるので、今回は『23.33+3.75=27.08(=1624F)』。
これを選択時間から引いて、『40-27.08=12.92』。ということでまとめると↓

ソフト選択時間:0時53分12.92秒
待機時間:27.08秒
開始時間:0時53分40秒

このうち『待機時間』をタイマーで測る。
「時間設定」→「電源切ってすぐつける」→DSの時計を見ながらゲームを選択すると同時にタイマースタート。
タイマーが0になったら「つづきからはじめる」…を押すという具合にやってみよう。


追記に続く。





5:初期seedを調べる

続きから始めたらまずするのは初期seedの確認。今回のようにDPtではコイントスで確認します。
黄色パネルの「seed調整」で初期seedを入力してリストを出してみると↓

yellow(525).png

○=コイキングの絵柄がある(表) ×=絵柄がない(裏)になる。
この画像では2刻みで出力しているが、慣れてなければチェックを外して出力してもいい。
自分は奇数フレームしか出ないので、今回のように偶数フレームを出す場合はダブルスロットをしている。

今回狙うのはこれ→『da000584:○ × × × ○ × ○ ○ ○ × × × ○ 』
ここが合うまで根気よく起動を繰り返すべし!!!
※1発でヒットすることもあれば、何回やっても合わないこともある。その場合はタイミングをずらして再挑戦だ!



6:乱数を消費する

無事初期seedが一致したら必要分の乱数を消費していく。
今回の場合消費数が『115~279』と定まっていないため、念のため緑パネルでリストを出力してみる↓

green(525).png

今回は最短の115消費の個体を狙う。定まっていない場合は複数該当する場合があるのでくまなく見るべし。
消費はぼうけんノート、そしてなつき判定(5体なので5消費)を使う。
115-5=残り110の消費をぼうけんノート(1回につき2消費)55回で消費していく。
55回ノートを見たらスタートボタンを押して閉じる(Bボタンを押すと余計にめくって消費する可能性があるので注意!)
その後アプリをほすうカウンターにし、128歩歩いてなつき判定の消費。これで消費はおしまい。
あとはエンカウントして捕まえるだけ。今回みたいに伝説系を狙う場合は捕まりにくいのでボールの用意は多めに。
自分は手持ちのレベルが高く捕獲用ポケモンも用意していなかったのでおとなしくマスターボールでゲット(



7:個体値を調べる

捕まえてすぐレポートする人もいますが、これを確認しないことにはまだ甘い!(
個体値の確認はPt・HGSSならバトルタワーにいる『ジャッジさん』に話しかければできます。
が、今回みたいにDPでは出てこないので青パネルで確認。
捕まえたギラティナの能力値を入力し、時間とフレーム範囲を設定して実行してみると↓

blue(525).png

ばっちり6v特定できました。レポートすれば保存完了です。

念のため画像うp↓(図鑑埋めのためハートゴールドに送っています)

2012052716470000.jpg 2012052716470002.jpg

ぼやけたorz


これを応用してこんなポケモンも乱数調整してみた↓

2012052716530000.jpg

しんげつじまのダークライ。そういやゲットしてなかったかr(
個体値:31-9-31-31-31-31

2012052716530002.jpg

ホウオウは調子に乗って色違いにしてみたw
個体値:12-31-27-29-30-30


次回予定:徘徊ポケモン編(
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

野生のポケモンの乱数調整がよくわからないので、記事にしてもらえたらありがたいです。

固定系はなんとかできました(>_<)

No title

こんばんは。
野生ポケモンの乱数についてはメタモンの方法しか書くことがないと思いますが、そのうち記事にしますのでしばらくお待ちくださいm(_)m

No title

初めまして!

色ギラティナが絶対に欲しくてこちらのページや、
他の乱数ブログなどを参考にして今日やっとゲットすることができました!!

御礼が言いたくてコメントをした所存でございます

とても分かりやすい記事でしたので、性格などを気にしない簡単な色孵化乱数しかやったことなかった私もできました
本当にありがとうございます!

では、失礼いたします☆

No title

コメントありがとうございます。
お役に立てたようでなによりです^^
プロフィール

maki

Author:maki
・みずタイプ大好き人間
・ポケモンはひらがな1択
・クレッフィちゃんかわいい
・マリカも大好き
・スマブラはカービィメイン

フレンドコード
X・αS:1075-0934-0699
Y・ΩR:1821-9837-6051

最新記事
最新コメント
カテゴリ
BW (3)
BW2 (5)
XY (40)
SM (18)
FR (1)
月別アーカイブ
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Twitterしてるよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。