第4世代(DPt・HGSS)乱数調整について(PHSの使い方)

説明ややこしいと思うけどやってみる。ところどころに貼ってある画像はクリックで拡大できます。

第4世代(DPt・HGSS)の乱数で使うツール「PHS」はこちらからダウンロードできます(最新版は1.20.2)。
※起動にはJavaのインストールが必要です。また、使用しているパソコンによってはうまく起動しない場合があります。


赤パネル(条件から検索)
使い方:狙いの初期seedを検索するときに使う。


red.png


1:どんなポケモンを狙う?
伝説(シンクロ不可):デフォルトはこれ。主にマップ中を移動するポケモン(俗に言う「徘徊ポケモン」)の乱数調整に使う。
伝説(シンクロ可):主に固定シンボル(伝説ポケモン・DPtのフワンテ・あまいかおりのするき)の乱数調整に使う。
野生:野生ポケモンの乱数調整に使う。これとは別に「野生エンカウント」のパネルが出るので各自設定すること。
孵化:孵化で個体値の乱数調整に使う。性格などは後述。
配達員:イベントで配達員から受け取るポケモンの乱数調整に使う。

2:どのソフトを使う?
「ハートゴールド・ソウルシルバー」:『金銀』にチェック
「プラチナ」:『プラチナ』にチェック
「ダイヤモンド・パール」:『ダイパ』にチェック

3:どんな性格を狙う?
必要な人は左側にチェックをして、ほしい性格を選択。
特性「シンクロ」を使う人は『シンクロを使用』にもチェックを忘れずに!

4:狙う個体値は?
HP・攻撃・防御・特攻・特防・素早さの6能力について、0~31の間で個体値を設定する。
特に気にしない場合は「○○(能力名)を無視」にチェックを入れる。

5:めざパも粘りたい!
そんな人はチェックを入れて、タイプと威力を設定。個体値と矛盾しないように!!

6:いいや特性も粘りたい!!(孵化以外)
…っていう人はここもチェックを入れて設定。公式攻略本で先に書いてある方が「1」、後に書いてあるのが「2」。
例:狙うポケモンがポッポの場合、特性1が「するどいめ」、特性2が「ちどりあし」となる。

7:乱数調整する日付は設定できるの?
はい、チェックを入れれば設定できます。

8:色違いを狙いたい!(孵化以外)
そんなあなたはチェックを入れて、表IDと裏IDを入力。裏IDについては各自調べてね。

9:DSをいつ起動すればいいかは分かるの?
ここの「設定」を押すと下のパネルが出てきます。

kidou.png

数字にソフトごとの「空白時間フレーム(F)数」(1秒=60F)を入れてみてね。
(※空白時間:ゲーム起動から開始までの白い画面が出ている時間のこと。この間はフレームが進まない。)
うp主の場合はHGの空白時間が「約5.66秒」なので「340(F)」になります。

10:消費数を絞り込みたいんだけど…
なんて人はここの数値をいじりましょう。例えば「3~3」なら消費数3の個体だけが出ます。

11:フレーム範囲も絞り込めるの?
同じくここの数値をいじってみるといいことあるかも?もちろん最大値を広げるのもあり。
※最短フレーム数はDPtが「600F」、HGSSは「487F」と言われています。

12:秒数をフレームに計算するのが難しいんだけど…
ここを使えばフレーム⇔秒の計算が簡単にできます。


青パネル(初期seedを検索)
使い方:野生ポケモンや配達員のポケモンから初期seedを検索するときに使う。
もし初期seedが一致していなかったらここで確認してみましょう。

blue.png


1:起動時間は?
ここに入力してくださいな。「時+秒」は分かる人だけでおk。

2・3:こんなポケモンが出てきたよ?
その情報をここに入力していきます。配達員で調べる場合は『配達員からの受取』にチェック。
基本は性格・種族(捕まえたポケモン)・レベル・能力値を入力。
その下の個性・性別・特性も入力すれば特に絞り込みやすくなります。

4:開始後にしばらくしてからゲームを始めたんだけど…
そんな人は「○○(数字)後の乱数まで検索」の数値を広く取りましょう。
フレーム数が多いポケモンを狙っている場合も、「○○Fで出てくるポケモンの表示」の最大値を引き上げてね。


以下追記に続く。



緑パネル(リスト作成)
使い方:狙う初期seedで出るポケモンのリストが表示できる。

green.png

1:狙う初期seedを入力。

2:赤パネルと同様、狙うポケモンの種類を入力。

3:「ハートゴールド・ソウルシルバー」の場合はここの『金銀』にチェックを入れる。

4:能力値表示か個体値表示か選択。前者の場合は上にポケモンの詳細を入力してください。

5:何体までリストを表示するか選択。例えば消費「67~89」なら「89匹出力」にするなど。


黄色パネル(seed調整)
使い方:初期seedごとが合っているかどうかコイントスなどで調べるときに、seedごとのリストを表示する。

yellow.png

1:狙う初期seedを入力。

2:目的seedの前後に出力されるseed数を入力。

3:どの方法で調べるかを入力。
金銀徘徊:HGSSで徘徊するポケモン(ライコウ・エンテイ・ラティアスorラティオス)の位置で調べる
※ハートゴールドならラティアス、ソウルシルバーならラティオス。
金銀電話:HGSSでウツギ博士に電話をかけたときの内容で調べる
コイントス:DPtでコイントスの表裏の順番で調べる

初期seed調査:目的の初期seedの前後をリストにして、どのseedが出たか調べる場合。
消費乱数調査:1つの初期seedの徘徊位置or電話orコイントスの結果を表示する。

4:リストの表示の仕方について
2刻みで出力:1つ飛びで初期seedを出力する。フレームは2つずつしか進まないので奇数か偶数か分かれば省略が可能。
エンテイを先に処理:ライコウを倒して殿堂入りした場合、エンテイとの処理順が変わるのでここにチェックを入れる。
「分+秒が○ずれた分も表示」:初期seedの上2桁ずれを表示。

5:徘徊ポケモンで調べる場合、いないポケモンのチェックを外す。
また、同じ位置には連続してこないので、レポート時にいた道路を「除外する道」に入力するとその分も計算してくれる。

6:ウツギ博士への電話で調べる場合、そのソフトでポケルスにかかったことがなければチェックを外す。


紫パネル(タマゴ性格値)
使い方:孵化で性格・性別・特性・色違いを乱数調整するときに使う。

purple.png

1:どの項目を調べるか。
消費乱数:入力した初期seedから2の条件が何番目に出るか。
簡易リスト:同じく入力した初期seedで出現する個体を出力する。
初期seed:2の条件が出てくる初期seedを検索する。

2:どんな個体を孵化させたいか。
種族(孵化させるポケモン)は必須入力。性格・特性・性別は必要なら各項目にチェック。
色違いを狙う場合は『色違い』にチェック+表IDと裏IDを入力し、海外産のポケモンを使う場合は『国際孵化』にもチェック。

3:日付も設定したい人はどうぞ。

4:乱数消費上限…設定した消費数までのポケモンを出力する。0にすると最初にできたタマゴが希望個体になる。

5:空白時間も設定したい人はどうぞ。



本格的な説明(野生乱数・性格固定・孵化乱数・固定乱数)は後日…書けるといいな((
FC2 Management

コメントの投稿

非公開コメント

No title

HGSSの孵化乱数について質問なのですが
年月日を指定して行う場合は、どのようにして起動時間を計算すればよいのでしょうか?

とーりすがりさんへ

こんばんは。
質問の件ですが、「年月日」の横にチェックを入れて乱数調整をしたい日付を入力し、「実行」を押せば可能です。
例えば2012年6月1日で乱数調整をしたいなら、「2012」年「6」月「1」日と「」内の数値を入力します。
なお、PHSを起動した際は自動的にその日の日付になっていると思います。

ただ、設定した日付によっては狙いの個体が出なくなることもあるのでそこはご注意ください。
もし分からなければ重ねてコメントを頂ければ幸いです。

ポケモン初心者

初めまして、ハクゥーと申します。

最近、ポケモンの大会で優勝をしたいと思いポケモンしてます。

そこで、「おひるごはんさん」のPHSの乱数調整ツールを使いたいのですが、ロード出来ません。

ほかに、「ハートゴールド・ソウルシルバー」に対応した乱数調整ツールがありますか?

オススメがありましたら教えて下さい。

宜しくお願いします。

No title

>ハクゥーさんへ
まず、この記事に貼っていたダウンロード先のリンクを差し替えました。
ただし、使っているパソコンによってはjavaをインストールしても起動できない場合があります。

また、第4世代の乱数ツールはおそらくこれしかないと思います。
プロフィール

maki

Author:maki
・みずタイプ大好き人間
・ポケモンはひらがな1択
・クレッフィちゃんかわいい
・マリカも大好き

ともだちコード
W:2794-8367-0520
W2:3998-2738-5736
X:1075-0934-0699

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセス数
ブロとも一覧

イサラの愛とか詰まっているブログ

テトのひだまり日記

エリンの気まぐれぶらり旅
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Twitter
ポケモンやマリオ関係をつぶやくよ↓