ポケモンの用語集

単にまとめてるだけなので間違い指摘・追加要望があればコメントおよびTwitterの方でどうぞ。
ただし自分は対戦にあまり詳しくないのでご注意を…( 随時追加していきます。

11/13:大幅修正&SMに対応して上げ。





ポケモン
「ポケットモンスター」の略。海外では「ポケモン」が正式名称である。

初代
記念すべき最初の作品「赤・緑・青・ピカチュウ」の総称。「第一世代」とも。

第二世代
「金・銀・クリスタル」の総称。単に「金銀」とも。

世代
「ルビー・サファイア」「エメラルド」「ファイアレッド・リーフグリーン」の総称。

第四世代
「ダイヤモンド・パール」「プラチナ」「ハートゴールド・ソウルシルバー」の総称。

第五世代
「ブラック・ホワイト」「ブラック2・ホワイト2」の総称。

第六世代
「X・Y」「オメガルビー・アルファサファイア」の総称。

第七世代
「サン・ムーン」の総称。

RS
「ルビー・サファイア」の略称。「エメラルド」を含めてRSEと表記する場合もある。

DP
「ダイヤモンド・パール」の略称。

Pt
「プラチナ」の略称。「ダイヤモンド・パール」とまとめてDPtと表記する場合もある。

HGSS
「ハートゴールド・ソウルシルバー」の略称。

BW
「ブラック・ホワイト」の略称。「2」との区別のためBW1・B1W1と表記する場合もある。

BW2
「ブラック2・ホワイト2」の略称。B2W2と表記する場合もある。

ΩRαS
「オメガルビー・アルファサファイア」の略称。ORASと表記する場合もある。

SM
「サン・ムーン」の略称。

ステータス
以下の6つからなるポケモンの能力。


HP
ヒットポイント(Hit-Point)。ポケモンの体力を表す。Hとも略される。
この数値が0になると「ひんし」になり、そのポケモンは戦えない状態になる。

こうげき(攻撃)
この数値が大きいとぶつりわざで与えるダメージが増える。「Attack」からAとも略される。

ぼうぎょ(防御)
この数値が大きいとぶつりわざで受けるダメージが減る。「Block」からBとも略される。

とくこう(特攻)
「とくしゅこうげき(特殊攻撃)」の略。この数値が大きいととくしゅわざで与えるダメージが増える。
Contact」からCとも略される。

とくぼう(特防)
「とくしゅぼうぎょ(特殊防御)」の略。この数値が大きいととくしゅわざで受けるダメージが減る。
Defence」からDとも略される。

※初代ではとくこうととくぼうはとくしゅ(特殊)という一括したステータスであった。

すばやさ(素早さ)
この数値が大きいポケモンから先に攻撃できる。「Speed」からSとも略される。


タイプ
他のゲームにおける「属性」にあたる。現在18種類が確認されている。
すべてのポケモンは1つか2つのタイプを持ち、またすべてのわざには1つのタイプがついている。

わざ(技)
ポケモンが攻撃に使う行動は全て「わざ」である。
1体につき覚えられるわざは4つまでで、新しく覚えたい場合はどれか1つを忘れる必要がある。
また、すべてのわざは以下の3種類に分類される。


ぶつりわざ(物理技)
ぶつりわざ←ゲーム中ではこのアイコンで表記される。
相手に直接攻撃したり、実体のある物体で攻撃するわざの多くは「ぶつりわざ」に分類される。
自分の「こうげき」と相手の「ぼうぎょ」でダメージが決まる。

とくしゅわざ(特殊技)
とくしゅわざ←ゲーム中ではこのアイコンで表記される。
固体ではない物体で攻撃したり、エネルギーをぶつけて攻撃するわざの多くは「とくしゅわざ」に分類される。
自分の「とくこう」と相手の「とくぼう」でダメージが決まる(一部例外あり)。

へんかわざ(変化技)
へんかわざ←ゲーム中ではこのアイコンで表記される。「ダイヤモンド・パール」から登場した分類。
基本的にダメージを与えないわざのほぼすべてが「へんかわざ」に分類される。
主に自分や相手の能力を変化させたり、状態異常にするわざが多い。

※なお、第三世代までは以下のタイプごとにわざの分類が決まっていたが、第四世代以降はわざごとに決められている。

ぶつり:ノーマル・かくとう・どく・じめん・ひこう・むし・いわ・ゴースト・はがね
とくしゅ:ほのお・みず・でんき・くさ・こおり・エスパー・ドラゴン・あく

また、物理技・特殊技を総じて「攻撃技」(こうげきわざ)とする場合もある。
(変化技はそのまま使われることが多い)

直接攻撃
相手に触れて攻撃するわざの総称。ゲーム内では「だげきわざ」(打撃技)と呼ばれる。
これに当てはまるかどうかで発動するとくせいもある。ほとんどの場合物理技に該当するが、一部の特殊技も該当する。
また、物理技であっても直接攻撃に当てはまらない場合もある。

いりょく(威力)
わざの強さを表す数値。高いほど大きなダメージを与えられる。
条件によって威力が変わる攻撃技や、ダメージを与えない変化技には設定されていない。

めいちゅう(命中)
わざの当たりやすさを表す数値。高いほど当たりやすい。最高値は100、最低値は30。命中率とも。
「-」と表記されている場合は設定されておらず、「必ず当たる」ことを示す。

PP
パワーポイント。わざを使える回数を示す。基本的に威力が高いわざほどPPは少ない。最低値は1、最高値は40。

じょうたいいじょう(状態異常)
特定のわざを受けると発生するポケモンの悪い状態。基本的に戦闘後も自動で回復しない。


どくもうどく
ターン終了時に少しダメージを受ける。「もうどく」の時はターンが進むごとに受けるダメージが増える。
第五世代からはフィールドを歩いてもダメージを受けなくなった。

まひ
「すばやさ」が下がり、4回に1回の確率でわざが出せなくなる(「からだが しびれて うごけない!」と表示される)。

やけど
ターン終了時に少しダメージを受けるほか、「こうげき」も下がる。

ねむり
眠ってしまい、わざを出せなくなる(一部例外あり)。数ターンで目を覚ます。

こおり
凍ってしまい、わざを出せなくなる(一部例外あり)。戦闘中に溶ける場合がある。


あいしょう(相性)
以下の2つの意味がある。

1:タイプによるわざの相性。以下のメッセージで相性が分かる。

「こうかは ばつぐんだ!」
タイプの相性がいいので、与えるダメージが増える。

「こうかは いまひとつ のようだ……」
タイプの相性が悪いので、与えるダメージが減る。

「こうかが ない ようだ……」
相性が悪いどころか、ダメージを全く与えられない。

2:わざマシンを使えるかどうかの相性。ポケモンとの相性がよければわざマシンを使ってわざを覚えさせられる。

レベル(Lv.)
ポケモンの強さを示す数値。最低値は第三世代までは2、第四世代以降は1。最高値は全世代で100。
次に述べる経験値を溜めることでレベルを上げられるほか、特定の方法でもレベルを上げることができる。

けいけんち(経験値)
ポケモンを倒したときにもらえる。第六世代以降はポケモンを捕まえても経験値がもらえる。
この経験値を決められた数値分溜めることでレベルが1上がる。当然レベル100になると経験値はもらえない。
レベル100までに必要な経験値はポケモンごとに決まっており、以下の6つのタイプに分けられる。

「Aタイプ」
必要経験値は60万。最初は遅いペースで成長し、徐々に早くなる。

「Bタイプ」
必要経験値は80万。最初から最後まで比較的早いペースで成長する。

「Cタイプ」
必要経験値は100万。最もスタンダードなタイプで、平均的に成長する。

「Dタイプ」
必要経験値は105万9860。最初は早いペースで、その後は平均的に成長する。

「Eタイプ」
必要経験値は125万。最初から最後まで遅いペースで成長する。

「Fタイプ」
必要経験値は164万。最初は早いペースだが、徐々に遅いペースになっていく。

御三家(ごさんけ)
「ゲーム内で最初にもらえるポケモン」の3体と、その進化形を含めた俗称。
例として、フシギダネ・ヒトカゲ・ゼニガメとその進化形をまとめて「カントー御三家」と呼ぶ。

せいかく(性格)
第三世代から設定された、ポケモンの能力に関する重要事項。好きな味(第三・四世代、ΩRαS)にも影響する。
性格によって特定の能力が伸びやすくなったり、伸びにくくなったりする。

こせい(個性)
第四世代から設定。そのポケモンでどのステータスが伸びやすいかを示すヒントのようなもの。

とくせい(特性)
第三世代から設定。ポケモンの特殊能力のようなもの。
ポケモンによって1つか2つの「とくせい」を持ち、その効果は様々である。

かくれとくせい(隠れ特性)
第五世代より設定。普通に持っている「とくせい」とは異なる特別なとくせいのこと。
入手方法も特殊な場合が多い。

きそポイント(基礎ポイント)
ポケモンの能力ごとにたまる経験値のようなもの。よく努力値(どりょくち)と呼ばれている。
ポケモン1体ごとに1つの能力につき「255」(第六世代以降は252)まで入り、最大「510」まで入る。

種族値(しゅぞくち)
ポケモンごとに必ず決まっている強さ。公式名称ではない。

個体値(こたいち)
ポケモンごとの生まれつきの強さ。公式名称ではない。
0~31の32段階で表され、このうち31を「V」、30を「U」と表すことが多い。

しんか(進化)
特定の条件を満たすことで、姿や形が変わって別のポケモンになること。
進化の条件はほとんどがレベルアップだが、特別なアイテムを使ったりする場合もある。
基本的には進化後のポケモンの方が強く、バトルでも有利になる。
それ以上は進化しないポケモンを「最終進化」、進化前も進化後もいないポケモンを「無進化」と呼ぶ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maki

Author:maki
・みずタイプ大好き人間
・ポケモンはひらがな1択
・クレッフィちゃんかわいい
・マリカも大好き
・スマブラはカービィメイン

フレンドコード
X・αS:1075-0934-0699
Y・ΩR:1821-9837-6051

最新記事
最新コメント
カテゴリ
BW (3)
BW2 (5)
XY (40)
SM (20)
FR (1)
月別アーカイブ
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Twitterしてるよ