BW2乱数調整の概要

一応まとめてはみる。

使用するツール
SSS4(V2.00以降)/bwseedlist(BW用と共通)/seedparamsearch2(ID調整する方)

BWとの相違点

Timer0の値が多い
おそらく最大の難点はこれ。BWでは2つだったが、BW2では6~7つあるのでズレが起こりやすい。
初期Seedを判別するために「レポ針」という方法が使われている(後述)。

・孵化乱数がやりにくい
オフセットを求める必要がなくなったが、育て屋のある3番道路へ行けるのがクリア後な上、NPCが多くいる。
これはBWの方がやりやすい。

・固定シンボルで強制消費2
どうやら自然に発生するらしい。SSS4で検索する際は個体値乱数列を「2」にすること。

・ハイリンク乱数
BWではCギア起動の際に個体値がリセットされていたが、2ではそれがなくなったので難易度はやや下がった。
検索の際は個体値乱数列を「26」にすること。

・ARサーチャー乱数(ソフトはeショップにて300円で配信中)
これは2でしかできない。隠れ特性のトルネロス・ボルトロス・ランドロスを使いたいなら必須。
ランドロスを捕獲したクリア後には隠れ特性のホウオウ・ルギア・ディアルガ・パルキア・ギラティナも入手できる。
もちろん通常のポケモンも乱数が可能。特に隠れ特性のポリゴンは現状ここでのみ。ヒトデマンもこちらがラク。


ここからは「レポ針」と呼ばれる方法について解説。
レポートを書く時にメッセージウインドウの右下に針が見えると思うが、それを使った方法である。
レポ針はBW・BW2どちらでも使うことができる。

まず、レポートをした際の針の位置は次の8通りがある。

0:↑(真上)
1:↗(右上)
2:→(右)
3:↘(右下)
4:↓(真下)
5:↙(左下)
6:←(左)
7:↖(左上)

レポ針ではレポートを書く際、最初の針の位置を覚えておく。そして上記の番号でメモする。
さらに再度レポートを書き、また最初の針の位置をメモ、またレポートして…を繰り返す。
例えば最初のレポートが右、2回目が左下、3回目が上なら、レポ針は「250」となる。
だいたい5回ほどレポ針をメモすれば初期Seedは判別できる。
針が合っていれば続行、合っていなければ電源を落としてまた時間を合わせ…という手順を踏む。

レポ針ないことにはBW2の乱数はできないと思うので、とりあえず。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maki

Author:maki
・みずタイプ大好き人間
・ポケモンはひらがな1択
・クレッフィちゃんかわいい
・マリカも大好き
・スマブラはカービィメイン

フレンドコード
X・αS:1075-0934-0699
Y・ΩR:1821-9837-6051

最新記事
最新コメント
カテゴリ
BW (3)
BW2 (5)
XY (40)
SM (21)
FR (1)
月別アーカイブ
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Twitterしてるよ